ダイビングで注意したい危険生物

ダイビングは海の美しさや不思議で楽しい生き物とのふれあいが魅力です。
しかし、海の生き物にはとても危険なものもいます。


ダイビングをするうえで、どういった危険生物に注意したらよいのでしょうか。

岩陰によくいるウニ。

歯科 町田の新しい情報です。

海女さんが素手で採ったりすることからつい触りがちですが、触っただけでひどい傷を負うガンガゼというウニがいます。

見た限りでも痛そうな鋭く長い針を持ちますが、この針は触っただけで簡単に刺さり、しかも崩れやすいので抜くことが出来ません。皮膚に残ってひどい炎症を起こすので注意が必要です。


ダイビングでよく見かけるクラゲ。クラゲが刺すことはよく知られているので、近づく人はまずいないと思います。
ですが、近づかないだけでは済まないクラゲもいます。

その毒性の強さで電気クラゲの別名を持つカツオノエボシというクラゲは、藍色の浮き袋は10センチほどですが、触手の長さが少なくとも10メートル、最大で50メートルに達するものがいます。


触手の先には刺胞と呼ばれる針が備わっていて、これに刺されると命を落とすこともあります。カツオノエボシ自体は遊泳力はなく、風に任せて移動するので浮き袋を見つけたら風を見ながらすぐに遠くに離れましょう。

南洋の海ではカラフルな生き物がたくさんいて興味をそそりますが、ここにも危険生物は潜んでいます。
きれいな貝殻があるから、といって不用意につかんではいけません。

イモガイという種類の貝は、その美しい貝殻からコレクションされることもありますが、歯舌が発達した針を持ち、死に至るほどの神経毒を持っています。

きれいな貝をみつけても、生きていることがあります。
安易に触るのはやめましょう。



このように、海には意外な危険生物がたくさん潜んでいます。



楽しくダイビングをするためには、こういった危険生物の生態についても知っておくことが大切です。